FC2ブログ
SHOWROOM配信応援ブログ ホーム »不正ポイント減算システム
ロメオ・イ・フリエタ |  SHOWROOM |  SHOWROOM登録配信制度 |  タレント登録制度 |  各種広告掲載 |  RSS |  English |  Español |  中文 |  한국어
このページの記事一覧

複数アカウントによる不正ポイント減算システム導入後の推移について  

イベント時における複アカによる不正支援ポイント対策が本格的に始動します」の記事にあります通り、複数アカウント(複アカ複垢)による不正対策として『不正ポイント減算システム』が先月22日正午より導入されました。

こちらにつきましては通知が既になされておりましたからSHOWROOMユーザーの方であれば皆さんご存知かとは思いますが、2月1日に公式でも明記されました。

内容につきましては下記の通りです。


不正ポイント減算システムについて

「SHOWROOMではお1人様1アカウントでのご利用をおねがいしております。
そのため、不正防止の一環として以下の対策を実施させていただきます。

■対策内容

・イベント期間中、重複アカウントを用いた不正な応援行為がされていないか定期的にチェックする仕組みを導入
・不正なギフティングが確認された場合はその分のポイントを減算し、正確なポイントをもってランキング結果を発表する

■注意事項

・本対応に伴い、イベント結果の発表はイベント終了後の翌日正午以降になります。 
・不正な応援が確認された場合は、その分のポイントを減算するため、ランキングが変動する場合がございます。
(たとえば、2月1日に不正なギフティングがあった場合、翌日2月2日の正午以降に減算されたランキングが反映されます)
・チェックが入るタイミングなどの詳細な仕様、減算されたポイントの詳細についてはお問い合わせいただきましても個別にご案内はいたしかねます。」

――――ヘルプセンター ホーム › イベント機能 › 『不正ポイント減算システムについて』ページより抜粋


この不正ポイント減算システムを受け、明記されたのが「同一アカウントを複数のデバイスで利用する事が出来ますから複数アカウントは止めましょう」にある通りの内容となっております。

註1:複数デバイスによる同一アカウントへのログインと複数デバイスによる個別アカウントへのログインというものの違いを理解なさっていない方が多い為です。
恐らく、SHOWROOM運営側も同じだと思われますが、筆者もこの違いについて分からない方達が比較的多い、という事実を再認識致しました。
プログラミングやシステム開発に造詣のある方やデジタルネイティブ以前の世代においては、複数デバイスにおいて各々アカウントを用意してログインする事が、そのまま“複アカ”を意味する事をナチュラルに理解している為、この辺りについて殊更、注意喚起をする迄もなく常識の範疇と考えておりましたので、改めて明記、並びに周知した、という事になります。
簡単に説明しますと、パソコンからアクセスするにしても、スマホからアクセスするにしても、1度取得した現行アカウントからログインして下さいね、という意味です。


さて、実際に不正ポイント減算システムが導入され、もう直1ヶ月が経過します。
本来、本件に関しては今週末くらいに記事にするつもりでしたが、既にこの不正ポイント減算システムについて考察していたブログ記事を先日見付けましたので投稿する事に致しました。

弊社でもデータ取得済みなのですが、こちらは社外秘となっておりますので公表出来ないのですが、そちらの考察記事では1/20~1/29におけます某イベントにおける参加配信者3名分の獲得支援ポイントの推移をグラフ化したものを掲載し、分かり易く考察なされておりました。

大変よく出来た記事で皆さんにも直感的に分かり易いかと思いましたので、本記事で紹介させて頂こうと考えておりましたが、自動星集めについての考察記事も該当ブログには御座いましたので、割愛させて頂く事にしました。

註2:弊社では自動星集め、つまり、ツールやプログラムを伴ったこれらの星集めを“不正ツール”の類、と見なしております。
大変良い記事だったのですが、この類に関します投稿記事が見られるブログを当ブログが紹介してしまうのは問題がある為、敢えて伏せておきますのでご了承下さい。


本記事では、実際にどれくらいの不正ポイントが存在し、どのくらいの減算が実施されているのか、について、これを皆さんにお伝えするつもりは御座いません。
と申しますのも、これにつきましては、視聴ユーザー側の不正行為でしかない為、本来、配信者の皆さんにとっては、どうしようもない事、だからです。
配信者の皆さんが出来る事といえば、複アカによる不正な無料ギフティング行為は止めて下さい、としかリスナーさんにお伝えする事しか出来ない現状にあります。

では、何故、記事として投稿させて頂いたのかと申しますと、不正ポイント減算システムは毎日正午に粛々と実施されていますよ、という事実を配信者の皆さんに知って頂きたいからです。
そして、不正ポイント減算システムによる獲得ポイント減算は、昨日・一昨日なかったとしても今日・明日には起こるかもしれない、という事実を認知しておいて下さい。

ご自身の放送番組であれば、ご自身の獲得した支援ポイントについては配信者自身が一番よく分かっていると思います。
その中で、毎日減算が生じていれば、不正ポイントが発生していたんだな、と理解出来るかとは思いますが、イベント初日から減算が行われていなかったにも関わらず、急に減算される場合も往々にして有り得る、という事です。

つまり、数日間減算がなかったとしても、その全てが公正な支援ポイントとは限らない、という事です。
しかも、それはイベント最終日(最終日の正午過ぎ)にも起こりますし、当然、イベント終了日翌日の確定時にも起こり得ます。

ですから、今迄以上にイベント争覇においては気が抜けない状態、となる訳です。
特に、配信中級者や中堅配信者の場合、熟練リスナー、つまり、SHOWROOMヘビーユーザーも多く視聴しておりますから、注意が必要になります。

実際のところ、配信者の皆さんにとって、注意していてもこればかりはどうにもなりませんから、よりナチュラルに楽しい番組を放送し、純粋に応援してくれるファンの方達に感謝するしか方法はありません。

不正ツールや不正ポイント、複アカによる星集めダミーアカウント運用ユーザーというものは、ソシャゲやアプリゲーに見られるチートと同類ですから、当該アカウントユーザーに関してはシステム提供者、要はSHOWROOM運営サイドにお任せするしか御座いません。

配信者として注意すべきは、不正行為による応援は迷惑なので止めて貰う旨を喚起する事と今現在獲得済みの支援ポイントが全てではないという事実を認識する事です。

註3:皮肉な事ですが、SHOWROOMには無料ギフトと有料ギフトが存在し、この全く異質のギフトアイテムが存在するが故に、不正、が実施される訳です。
この場合、最も行われ易い不正は、無料ギフトに集約され、それが星/種集めとなり、これを自動化、あるいは、ダミーアカウントによる星倉庫&カウント垢、になる訳です。
つまり、現時点で不正の可能性が極めて低いのは、有料ギフト、に集約される事になります。
ですから結果的に、SPギフトだけは信用に足る存在、となっております。
無論、SPギフト不正も起こり得ますが、こちらはそれこそ由々しき事態ですからSHOWROOM運営サイドに任せるしかありません。


では、不正ポイントが発生し易い状況とは何だと思いますか?

配信者サイドでは何ともならない、これは事実ですが、実は不正ポイントが発生し易い放送内容というものがあります。
その内の1つが、カウント枠、です。

SHOWROOMでの配信中級者や中堅配信者の方は、比較的このカウント枠を実施する傾向が高いのですが、このカウント枠が不正ポイント、つまり、複垢ユーザーにとって格好の舞台、不正の温床になりがち、なのです。

カウント枠の配信は、実放送において1時間制限の次枠として、あるいは、実放送が開始される迄の間のつなぎ放送として設けられる傾向があります。
これを認知した複アカを有するユーザーが、このカウント枠でカウントと星爆弾を投下する訳です。
勿論、全てが不正ポイントではありませんから、カウント枠そのものが無意味と迄は言いませんが、不正ポイントの占有率が極めて高くなりますから、その価値は著しく低下します。
本来、カウント枠は、その配信者の既存リスナー以外、及び、SHOWROOMユーザー以外の方からしてみれば、不気味以外の何物でもありませんから、非推奨、です。
確かに、テクニックの1つではありますが、配信ルールにおいて放送回数や放送時間が設定されているイベントでは、カウント枠という捨て放送つなぎ放送)は実施する筈もありませんから、やるべき放送ではありません

不正ポイント減算システムのアルゴリズム、及び、何をおいて不正と見なすかという規定(複アカとみなすか/不正ポイントとみなすか)については非公開ですから推移を追うしかありませんが、配信者の皆さんは、不正ポイント支援者を是としない(認めない)、というスタイルで望んでみて下さい。

不正ユーザーの垢BANだけなら配信者の皆さんには影響ないかのように思われるかも知れませんが、最悪の場合、イベントからの追放、は大いに考えられますので注意しましょう。
不正ポイントは、配信者の評価にも繋がりますから是非、注意してみて下さい。


尚、「イベント時における複アカによる不正支援ポイント対策が本格的に始動します」で記載しました予想の範疇、「そもそも貢献ユーザー名が削除されていた場合、それが複アカである事が分かります」は、実際に不正ポイント減算システム導入後において、イベント貢献ランキングには反映させない仕様にしている為、どのユーザー(アカウント)が複アカで不正ポイントを行ったか、というのは見掛け上では判別出来ないようになっておりました。


最後に、不正ポイントは、応援している配信者の方、及び、正規に運用して応援している視聴アカウントユーザー、イベント開催者、SHOWROOM運営他、全ての関係者にとって迷惑行為となる不正なアクションです。
ですから、絶対に行わないで下さい。
宜しくお願い致します。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



category: SHOWROOM

tag: showroom  複アカ対策  不正ポイント  不正支援ポイント  ポイント不正  ポイント不正対策  不正ポイント減算システム  複垢  複アカ  複アカウント 

プロフィール

最新記事

カテゴリ

興味対象再表示アイテム

月別アーカイブ

タグクラウド

▲ Pagetop

ブログパーツ